ある日の美術

仙台にいて絵を描いたり書をやりながら、もろもろ美的なことを研究してます。

戸を叩く(正岡子規)

もう冬じゃないんです。

正岡子規の句の書作品

★戸を叩く女の声や冬籠

戸をたたく 女の声や 冬ごもり。

この句は明治30年の作だそうです。

僕的には正岡子規の俳句は共感できるものもあれば、出来ないものもある。共感できないなぁ、というもののほとんどは状況が理解できないものです。

でも歌の生まれる背景が見えれば、きっと共感できるんじゃないのかな。