ある日の美術

仙台にいて絵を描いたり書をやりながら、もろもろ美的なことを研究してます。

疑問を抱えて

絵を一枚描く度に疑問が一つ増え二つ増えしてゆく。

その疑問を解くために絵をまた描いてみる。

けれども描けども描けども、新たな疑問だけが増えていく。

疑問が解決していくスピードより増えるスピードのほうが断然速いんです。結局は、そういうものなのかもしれない。

自分にとって絵を描くことは考えることを促す行為なのだ、と思う。