ある日の美術

仙台にいて絵を描いたり書をやりながら、もろもろ美的なことを研究してます。

覚える五年

 僕の場合、今日、覚えたことが当たり前に使えるようになるまで、五年かかる。他の人はどうなのだろう?
 例えば、まず、これを覚えよう、と思い立つ。

それで百回くらい繰り返すと大抵は覚えてしまうものだ。

それが自分の体のどこかで醗酵して熟成されて、体になじむ時がくる。

そうなると、覚えたことが自分にとって当たり前のこととして在るようになる。

この時点で振り返れば五年が経っている。

今までいろいろと覚えてきたけれど、五年より短く出来ないのです。

僕が得意だとする絵と書をはじめ何であっても、この覚える五年があるもので、それ以外はぜんぶ苦手なことなんだ。

そう言うと僕が出来るだろうことの九割は苦手なことになってしまう。

ほとんどが苦手なことなら、五年後のために何か今はじめた方が良いな、と思う。

今始めても使えるのは五年後ではあるけれど。

しかし5年後は必ずやって来るわけだしね。