ある日の美術

仙台にいて絵を描いたり書をやりながら、もろもろ美的なことを研究してます。

世界共通の表現

料理と絵はよく似ている。

絵は平面で費やされた時間が見えにくいが、風化に時間がかかる。

料理は立体で、香りもあるし、時間とともに見るも無残に変化する。全く違うようでもあるが、しかし本質的にやってることは変わらない、と思う。

使う材料が違うだけだ。料理も絵も世界共通語のような世界であると思う。