ある日の美術

仙台にいて絵を描いたり書をやりながら、もろもろ美的なことを研究してます。

作品の精神的奥行

ランスコイは「平面を構成しなければならない。そこに物理的かつ精神的な奥行きを与える必要がある」と。

絵を単に部屋の飾り物ぐらいにしか見ないのであれば、精神的な奥行きは必要ないのかもしれない。

絵を描くのは結構しんどい。疲れ、へとへとになるんです。本気で取り組むとね。そうまでして描くのに値するものにしなくては。

見ていて飽きの来ない書や絵は、精神的な奥行きが内在しているからだと思う。