ある日の美術

仙台にいて絵を描いたり書をやりながら、もろもろ美的なことを研究してます。

手がかり

ランスコイは「私は具象画家だった。私はあらゆるテーマからインスピレーションを受けた。

しかし抽象絵画では、さらに多くのものを表現することができる。

それは活動の場を広げ、より完全に近く自己を表現する手段なのだ。

この方向に多くの人々が困惑を覚えるのは確かだ。具象絵画のように、理解する手がかりがないのだから。

私たちは、自然を問題にするだけでは十分ではない。自己自身を問題にする必要がある。解決すべきあらゆる問題は、自己のうちにある。

しかし、出発点は常に自然の中にあるのだ」と。
絵は、作品は、自分の中で巻き起こることをテーマにしていくと、一見すると理解不能なもののように感じるものだ。

けれど、作家のことを多少知ることがあれば理解可能なものになるんだと思うんです。作品とは別に理解の手がかり、として何かしら用意しなくてはいけないのかもしれません。