ある日の美術

仙台にいて絵を描いたり書をやりながら、もろもろ美的なことを研究してます。

風景画

今日の工事現場

今日はアルバイトの関係で朝から工事現場にいました。 30分程度で終了するような、ちょっとした仕事をしてきました。 バックホーがあったのでちょっと描きたくなりまして、チョロっと描いた。 せいぜい5分10分のスケッチなんだけど、描きながらいろいろと思…

高橋俊一個展(色ぬりときおり風景画)

高橋俊一個展(色ぬりときおり風景画)を仙台市内(伊達海鮮)で開催します。 平成30年 9月16(sun)~30日(sun) 10:30~19:00 お近くの方はぜひお立ち寄りくださいませ。

黄色の九重連山

九州の方に九重連山と言われる山がありまして、ご存知でしょうか? 九州の竹田市というところにある山ですね。 www.city.taketa.oita.jp 九重連山のある竹田市で絵画コンクールをやってるということで、ふと出してみたくなったんです、風景画を得意とする僕…

無骨な橋のある川

平成30年(2018)4月19日(木)朝起きて、パソコンでジャズをかける。 ハービー・ハンコックのFloodを聴きながら、油絵の具の木箱を開いて準備する。 画材はこれに入るだけにして、とにかく簡単な荷物にしよう。そうでないと大変だ。 絵を描くのさえしんどい仕事…

岳温泉近くの松

平成24年(2012)1月14日、この日僕は岳温泉に居た。 岳温泉に宿を取って、まぁ、その付近を散策しながら絵を描こうと思ったんでした。 立派な松を見つけまして、ペンで描くことにしました。 ペン画っていうのは不思議なもので、描いていると近いも遠くも無…

松のある風景

僕は風景を描くのが好きです。 時々、景勝地を描くこともありますが風景ならどこでも構いません。 画材は油絵具です。 それでよく、年に数回はその油絵の道具を抱えて絵を描きにいく。 平成28年(2016)の1月だったっけ、これを描いたのはさ。

木造の蔵のある黄色

スカッと晴れて、夜明けまだ間もない外気は冷たかった。 いつも一緒にスケッチへ付き合ってくれる友達E君と宮城県の県北の方へ行きました。 仙台から2時間くらい北へ車で走ると岩出山というところがあるんです。 全国の泉質の7割か8割を味わえるという鳴子温…

磊々峡

秋保温泉というところが仙台の西側、仙台から山形方面へ少し向かったところにありまして。 そこには磊々峡という景勝地があります。 石の上に石がドンドン乗ったような景色が堪能できます。 そこで、だいぶむかし描いたっけな。 水彩画なんですが、

松島の夕景

お題「マイブーム」 宮城県に松島っていうところがあります。 日本三景の一つですのでご存知の方も多いと思います。 僕は、そこで生まれたんです。 30歳くらいまでいましたので、時々松島を通ると懐かしくなります。松島には上の絵のように眺めることが出来…

磊々峡の流れ

仙台の近郊に磊々峡ってあります。 らいらい狭。 そこは石の上に石が乗っかったような景色が見える場所です。 そこで、川の流れを描いたんでした。 しかしこの絵を見ても、どこの川か判別できませんよね。 僕しか分からない。でもね、磊々峡なんです。

水彩ペン画

水彩とペンで絵を描くことが好きだ。 水彩だけでも絵にならず、ペンだけでも成り立たない、そのようにしたい。そのように使いたい。 そうでなければいけない、と思う。 いけない、ということは無いか。無駄に感じるだけさ。 描くときにはペンの役割、水彩の…

青い雲のある風景

いつだったか、絵描き友達と夕暮れを車の中から描いたことがありました。その時の絵です。ワットマンという紙に描きました。発色がすばらしい紙ですが、つけペンにインクをつけて描くと引っかかりが多くて大変でした。ぺんには向かない紙のようです。 この絵…

ある風景

30歳あたりの頃、宮城県の松島に住んでいまして。 自宅から車で40分くらいかかる場所にある会社に勤めていました。 それで、朝の出勤途中、車を停めて、そこから見える景色を5分スケッチするってことをやっていたっけ。これは、その時の一枚でした。

バラ

だいぶ昔、2003年とありまあす。 ついこの間のように感じますけど、もう15年も前なのだなぁ。

坂をくだる車

アンテナ

だいぶ若いころのスケッチ。 きっとね、見慣れているものだけど描こうと思ったのでしょうか? あるいは、何を描いたら良いのか分からないでいたのかもしれません。

走りながら

車でドライブすることってよくあります。 夏のある日、田んぼの中に通る道を車で走りながら横目で水の張った田んぼを見るんです。 するとね、こんな感じ。

海っぷちから蔵王

朝8時半、僕は蒲生あたりにいて。 そのあたりから、西の方を見ると山が沢山見えますよ。 今日のように天気が良いと、南から北へと、蔵王から、大東山、泉ヶ岳、七ツ森まで県内の半分の山々を展望できます。 そこで、大まかに蔵王を描いたんでした、3Bの鉛筆…

川辺の景色

年に数回は風景を描きたくなり出かけます。 この時は岩手のイギリス海岸付近へ、去年の7月頃でした。 この日はパラパラと雨粒が落ちてくる雨降りで車の中で描いたっけ。 とても良い天気でした、絵を描くにはね。 #岩手#イギリス海岸 #風景画#色鉛筆と透明水…

静かな湖畔の森の影から

おはようございます。 新しい朝が来たシュンです。今ね、ラジオ体操しましたから。 仙台の南西の方の近郊に釜房湖ってあります。 夕方に車で、そのあたりを通りかかったのでした。 釜房湖畔で夕暮に暗くなるまで奮闘しました。A4くらいの大きさでオイルパス…

ゴッホのペン画

ゴッホのペン画の線というのは繊細というより、豪快に感じる。意思がハッキリしていて気持ちが良い。 それで、彼のペンの風景画を模写してみたんでした。 絵というのは、見たものを単純化やデフォルメして表現するときにこそ個性がにじみ出るように思う。 見…

2005年現在の僕の家の居間

こんなに何も無いの? 何もないじゃないかー(*´Д`)

月夜に照らされて

月夜の晩は良いもんです。

広瀬川流れる岸辺

こんばんは。 正座してパソコンに向かうシュンです。 仙台には広瀬川という川が流れています。 広瀬川は、奥羽山脈の関山峠付近が源で、名取川と合流するまで約45kmにわたります。仙台の街中と青葉山の間をクネクネ流れていくよ。 その途中、仙台の街に入り…

灯台のある海

夏の三陸、雄勝の海は青くて、蒼くて、碧くて。 青がいっぱいだ。そんな世界にひたって絵を描くっていうのは楽しい。そんな時、幸せだな、と思う。 キャンバスをセッティングして、油彩道具を入れた木箱を地面に置いた。中には筆が二、三本と細い刷毛を一本…

ある公園で

時々ね、街中に絵を見に出かけたりするものです。それで、いつだったか、何処かのグループ展である絵を見ました。 日本で一番人口が多いんじゃないかと思うから仙台に行くことが多いんですが、そこで仙台の大崎八幡神社を 中心とした八幡町界隈を描いた絵を…

仙台秋保のあたり

おはようございます。 金平糖をかじるシュンです。 仙台近郊に秋保(あきう)という温泉地があります。 そこに行く道すがら絵を描いたことがありあました。 これはF10くらいのキャンバスに描いているんですが、うーーん、スケッチしたって程度の絵です。 色…

電車でゴー

おはようございます。 世界で一番寒い仙台にいるシュンです。雪舞ってるから~。 ところで先月はじめころ、電車に乗ってたんです。 それでね、ちょうど15㎝の小さいステンレス定規を持っていたものです。 描くなら、今でしょ。ということで車内をスケッチし…

青空のある淡い風景

ホックニー、デイヴィッド・ホックニーっていう画家がいまして。 お洒落な風景画を描く人です。 もう、ずっと昔からの巨匠ですね。モンタージュ的な風景写真で一時期、名をはせました。 彼の描く風景画は、まぁ、彼独特の世界観があるので勉強になるかもね、…

山を描きに行こう

山形の山は山形というだけあって山の形が美しいです。 2013年ころ、銀山温泉というところが山形にありまして、そこへ行く道すがら絵を描きました。 僕は油彩画大好きなのです。 この日は、なぜだかキラキラした絵の具を使いたくて、白を使う色にみなパールホ…