ある日の美術

仙台にいて絵を描いたり書をやりながら、もろもろ美的なことを研究してます。

油彩

桃色の実のある絵

赤い時

これは何時の赤だろう あの日見た夏の赤だろうか?

陽ざしの中の裸

陽ざしの中にある裸って爽やかな感じがして。

あの青

青い絵でも描こうかな。 久しぶりに

サイケデリックな波2

サイケデリックって言葉があります。 一般的に幻覚剤によってもたらされる幻覚を想起させるさま、あるいは派手な色や音楽などに対して言います。 これを描いていたころは、

サイケデリックな波1

昔、描いた絵で北斎の模写があります。 これがそうなんですが模写といっても、こうなってくると模写じゃなくなっています。 油彩で描いたのでしたが、相当な時間をかけて完成させたっけ。 これが北斎だとすると、

ドクダミの花

おはようございます。 最近、横溝正史の金田一耕助が活躍する悪魔の降誕祭に夢中なシュンです。 今日の仙台はあたたかな~ 春になるとドクダミの花が咲きだします。 と言っても、まだしばらく先の話ですよね。 ドクダミって良いですよね。匂いは強烈ですが。…

晴れた日に山の色

山にいて、色を見ることがあります。 これは、色ぬり絵をはじめたころの絵でした。 もう、15年以上前の絵です、懐かしいなぁ。山を描くというより、純粋に見える色を塗ろう、記録しようと描いたのだった。30号くらいの作品で、

風の中の洗濯バサミ

放射状の

先っちょに洗濯バサミがついた丸いやつを描こう

洗濯バサミのある緑

洗濯バサミや衣紋かけ

家には安いものしかありませんで。衣紋かけも洗濯バサミもみんなプラスチック製でした。 こういうのを絵にするところが庶民って感じです。

リーマンショック

今週のお題「ねこ」 昔、リーマンショックっていうのがありました。 2008年ころにね。 それをふと絵にしてみようか、

僕の色ぬり絵

それは自然の無限を思わせる。私が、色によって絵を描くなかで無限を感じるなら、観る人も私の作品から無限を感じていただけるかもしれない。 今の時代、色の絵を描く人はたくさんいるんだぞ。だから、私の描いたものは真新しくは無いと思う。 けれども、

陽のさす赤い場所

黄のてんてん

世に知られた絵の時代に印象派ってのがあります。 その中に分類される画家にスーラがいます。 あるとき、スーラの雰囲気で色ぬり絵を描きたいもんだなぁ、と思ったのでした。 黄色の絵#抽象画#色彩#油彩#abstractpainting #colorfeel #contemporaryart #点描…

広瀬川流れる岸辺

こんばんは。 正座してパソコンに向かうシュンです。 仙台には広瀬川という川が流れています。 広瀬川は、奥羽山脈の関山峠付近が源で、名取川と合流するまで約45kmにわたります。仙台の街中と青葉山の間をクネクネ流れていくよ。 その途中、仙台の街に入り…

灯台のある海

夏の三陸、雄勝の海は青くて、蒼くて、碧くて。 青がいっぱいだ。そんな世界にひたって絵を描くっていうのは楽しい。そんな時、幸せだな、と思う。 キャンバスをセッティングして、油彩道具を入れた木箱を地面に置いた。中には筆が二、三本と細い刷毛を一本…

耳を失くした人

耳を失くした人も描いてみた。

モザイクの男

一度だけ、モザイクで描いた絵の個展をしたことがあったっけ。 デジタルの時代だから、こんなのも良いかもな、と思ったのでした。 僕はオレンジが好きなんです。 それで、オレンジの絵にしました。 この人は、たぶん、髭がある男だ。

こんな髪の毛いいなぁ

おはようございます。 日曜だし、ぽけ~っとしてようか?出かけようか?悩んでるうちに日が暮れそうなシュンです。 刑事コロンボって映画がありましてね。70、80年代によくテレビでやってました。 テレビにかぶりつくように見てたもんです。 日本語の吹き替…

仙台秋保のあたり

おはようございます。 金平糖をかじるシュンです。 仙台近郊に秋保(あきう)という温泉地があります。 そこに行く道すがら絵を描いたことがありあました。 これはF10くらいのキャンバスに描いているんですが、うーーん、スケッチしたって程度の絵です。 色…

山を描きに行こう

山形の山は山形というだけあって山の形が美しいです。 2013年ころ、銀山温泉というところが山形にありまして、そこへ行く道すがら絵を描きました。 僕は油彩画大好きなのです。 この日は、なぜだかキラキラした絵の具を使いたくて、白を使う色にみなパールホ…

青い傷の絵

色は縦に高く深く、横に広い世界があります。縦は上に行くほど明るく下に行くほど暗くなる。 横の広がりの中心はニュートラルのグレイで外に向かうほどに色彩鮮やかな世界があります。 一言でいうと、そういうことなんですが、いざ、船を漕ぎだしていく、と…