ある日の美術

仙台にいて絵を描いたり書をやりながら、もろもろ美的なことを研究してます。

昇華の時

子どもの頃、誰かの文字を真似て書いたっけ。

今も、誰かの文字を臨書する。

臨書というのは何かしらの文字を見ながら書いていくこと。

覚えたら見なくてもいいけれど。

文字は微妙で本当に覚えたのかどうかさえ定かじゃないけどね。

 

ある時は形を真似て絵的に書いていく。

またある時は筆脈を追って速度感と、それに伴う感覚を体験していく。

文字のバリエーションだけを感じ取ることもあるし。

大きく、小さく、ゆっくり、素早く

何度も何度もやっていく。同じことをやってて、もう何十年になるのかな?

 

何度もやって飽きたなぁ、

続きを読む